犬のきもち・猫のきもち・ペットのきもち

ペットと聞いてあなたは何を思いうかべますか。

一緒に暮らしている家族のような存在の場合、「ペット」ではなく、「パートナー」と表す人が多いようです。

一緒に生活している「パートナー」。

「ペット」よりもより親密な響きに感じますよね。

数々のブームが巻き起こり、去っていく中、ペットブームだけが、 今もなお続いている理由を、あなたはご存知ですか?

「可愛いから?」

いいえ、そうではありません。

ペットブームが今もなお続いているのは、 彼らと共に暮らす毎日の日々の中で、彼ら自身が、私達に数えきれないほどの “喜び”や“幸せ”を与えてくれるからです。

そして、彼らのくれるたくさんの“幸せ”が、 どれほど素晴らしいものなのかを知っている人たちが存在し、 彼らのくれる“幸せ”を必要としている人たちが存在しているからこそ、 ペットブームは今もなお、続いているんです。

来のペットの定義は「愛玩動物」でした。でも、今はもうその枠を超えて「コンパニオンアニマル」として認知されています。

コンパニオンアニマル…日本語に直訳すると「伴侶動物」で、友達、仲間、話し相手などを意味します。

犬や猫のしつけ、育て方は子供を育てるのと全く同じです。褒めてしつけるのは基本です。

体罰で育てられた子供の心がゆがむ様に、叩かれて育ったペットたちは同じように心がゆがみ傷つきます。

人間への不信感だけを抱いて成長すると、共に暮らす生活が成り立ちません。全く子供と同じです。

心身ともに健康な明るい子に育てていただくことを切に願います。

子犬や子猫はあなたの子供の頃と同じです。親兄弟から離れ、不安で寂しくておびえる事もあるのです。

「うるさい」なんて言わないで。不安で怖くて仕方ないのです。「大丈夫だよ」って抱いてあげてください。

今日から家族の一員です。わが子同様、心から愛してください。家族が増えるのはそれだけで幸せなこと。

愛するものが増えるのは、人の心を豊かにし、優しい気持ちにしてくれます。

私自信、ペットとして動物を飼ったことはありません。

が、友人がずっと長い間犬を飼っていました。

もうペットではなく、パートナーとなっていました。

一緒にいたずらし、一緒に怒られ、一緒に寝て、一緒に成長していきました。

もう兄弟のような存在でしたね。

世の中のペットたちがみんな同じように、「パートナー」として育てられますように。