香典返しの品物は、記念品として贈る結婚披露宴の引き出物などとは違い、後々残らない消耗品を選ぶのが一般的です。また、お歳暮やお中元とも異なり、それぞれの家庭の人数や好みを考える必要はなく、むしろどこの家庭でも使うお茶や砂糖、タオルなどの必需品がいいとされています。また昔は海苔は慶事の贈り物とされ香典返しには使用しませんでしたが、現在ではこだわる必要はありません。一般に香典返しは、半返しとも呼ばれることもあり、頂いた香典の額の半額程度の品物を返すものとされていましたが、最近ではそれ以下の四割返しや三分の一返しでも構わないと言われています。さらに、即日返しが増えてきたこともあり、特に高額な香典を頂いた方以外には、もらった香典の金額の多少にかかわらず全員に同じ品物をお返しすることが多くなっています。

香典返しをしない場合

香典には本来、故人の霊に手向ける香の代わりの代金と言う意味があります。そのため本来の意味から言っても、きちんとお礼の挨拶をすれば香典返しをしなくても失礼にはあたりません。例えば一家の生計を支えていた人が亡くなった場合、香典返しを省略し遺された子供の養育費に充てることが、香典をくださった方々への御趣旨に報いることになります。最近では故人の遺志により、福祉施設や団体などに寄付することも多くなっています。ただし寄付する場合は香典をくださった人が納得できる団体を選ぶことが大切で、特定の宗教団体などは避ける必要があります。寄付をした場合には、寄付先からもらったお礼状などをコピーして同封します。また、現在では香典返しが習慣となっていることもあり、お返しは当然と思っている人もいます。お返しをしない場合は、その旨と使い道を一言挨拶状に添えるのが礼儀です。

香典返し何を送ったらいいか迷いますね

香典返し、何を送ったらいいか迷いますね。特に3000円くらいだと、金額にも迷います。私は、1000円と思っていたのですが、送料の関係で1500円になりました。それでもまとめてやると、割引してくれる業者があります。品物は、洗剤にしました。毎日使うものだからいいと思いました。お茶やコーヒーは好みがありますね。高額な方はすべて商品券にしたのですが、カタログで選んでもらうのもいいと思いましたね。母はできれば家族葬で地味にしたいといいます。できれば、100万くらいは貯金しておかないと赤字になります。冠婚葬祭のお付き合いも、ほどほどにしておきたいと母が言いました。今は、結婚式も地味にお金をかけずにやる時代です。お葬式もそうだと思いますね。家族がいい思い出をずっと心に残しておけばいいのだと思います。ネットで頼めるお返しもあります。

Example Widget

This is an example widget to show how the Left sidebar looks by default. You can add custom widgets from the widgets screen in the admin. If custom widgets are added then this will be replaced by those widgets.